ネットワークの主旨

乳がんは、日本女性の11人に1人が罹患し、女性がんのトップです。

日本女性が乳がんで亡くなる方の数は、増加していますが、 欧米では年々減少し続けています。その理由の一つは、乳がん検診の受診率の低さにあるとされています。最近芸能人の方の告知など、ピンクリボン運動の広がりとともに乳がんへの関心は高まっていますが、2009年-2010年の2年間で40歳~60歳の全国の受診率は39.1%です。(※2010年に限れば30.6%)一方欧米の受診率は75~80%で日本は半分程度です。
乳がん検診を受診しない理由を聞いてみると「検診する機会がないから」「職場の健康診断の項目に無いから」「20代 30代には自治体検診がないから」などとともに、「平日は忙しくて(仕事・子育て)受信できない、休日なら受診できるのに」と言う声が多いのが現状です。

認定NPO 法人J.POSH では、子育て、仕事など平日を多忙に過ごす現代女性が増えるなか受診率アップのためには「受けやすい環境づくり」が重要と考えます。認定NPO 法人J.POSH は、2009年度から世界的に乳がん啓発強化月間である「10月第3日曜日」「ジャパン・マンモグラフィーサンデー(J.M.Sプログラム)」として、全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境づくりへの取組みを全国の医療機関や自治体の検診担当部門に呼びかけております。

主旨をご理解頂ける全国の医療機関に賛同医療機関として登録して頂き「医療機関のネットワーク作り」を行います。

2017年度賛同医療機関ロゴマーク

 

J.M.S2017 参加方法

2017年度J.M.Sへの参加をご希望の施設・自治体は参加申込用紙を下記よりダウンロードしていただき必要事項を記入の上、認定NPO法人J.POSH事務局まで郵送またはFaxをお願いします。

J.POSH事務局 郵送先 〒538-0043 大阪市鶴見区今津南2丁目6番3号 認定NPO法人J.POSH
ファックス 06-6962-0065

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、右のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。 詳しくは、アドビ システムズ社のサイトをご覧ください。

PDFの保存方法

「↓ダウンロードする」ボタンを「クリック」するとダウンロード内容が開きます。左上付近の保存ボタン保存ボタンをクリックして保存してください。
またはPDFダウンロードのリンクを「右クリック」し、「対象をファイルに保存」を選んで保存してください。

Get ADOBE READER

ご賛同医療機関さまには2017年10月15日(日)に乳がん検診受診が可能な医療機関として

  • 「J.M.Sプログラム2017」のホームページ、賛同医療機関ネットワーク一覧チラシ等にて、施設名を公表させて頂きます。
  • 「J.M.Sプログラム2017」告知ポスター(院内・院外用)を送付させて頂きます。
  • 「受診促進フライヤー」「乳がん自己検診啓発リーフレット」「賛同医療機関登録証」を送付させて頂きます。
告知ポスター(院内用) 告知ポスター(院内用) 受診促進チラシ 賛同医療機関ネットワーク 一覧チラシ(8月末配布予定)
告知ポスター(院内用) 告知ポスター(院外用) 賛同医療機関登録証 告知フライヤー
告知ポスター(院内用)
乳がん自己検診啓発リーフレット

J.M.S広報・告知用配布物のPDFデータはこちらからダウンロードして頂けます。ご自由にお使い下さい。

私たちはJ.M.Sを応援しています(協賛サポーター)

J.POSH公式Facebookページ

J.M.S体験者 受診者・検診従事者の声

J.M.S2013実施日 アンケート結果

広報・配布用素材ダウンロード