アンケート集計結果

2016年10月16日に実施したJ.M.Sのアンケートの集計結果のご報告です。

 

受診者アンケート集計結果

1)JMS実施日:2016年10月16日(日)

2)JMS実施施設数:394施設

3)アンケート回収枚数 5,306枚:(2016年12月31日現在確認分)

 (2014年度アンケート回収枚数:5,942枚)

1.アンケート回収医療施設数・受診者数

地区 登録
施設数
回収
施設数
回収受診者数
①北海道 37 26 442
②東北 18 9 240
③関東 99 55 1,078
④中部・東海 58 36 875
⑤上越・北陸 10 8 128
⑥関西 64 45 1,099
⑦中国・四国 46 38

653

⑧九州・沖縄 62 41 771

394

258 5,286

2.受診年齢

年齢区分 受診者数 構成比
①20歳未満 1 0.0%
②20~29 175 3.3%
③30~39 1,072 20.3%
④40~49 1,835 34.7%
⑤50~59 1,078 20.4%
⑥60~69 679 12.8%
⑦70〜 341 6.5%
⑧無回答 105 2.0%
5,286  

3.受診者職業(アンケート未提出者を除く)

職業 人数 構成比
①就業中 3,708 70.1%
②専業主婦 1,125 21.3%
③学生 8 0.2%
④無職 221 4.2%
⑤その他 123 2.3%
⑥無回答 101 1.9%

5,286

 

4.JMSを何でお知りになりましたか?(複数回答可)

手段 人数 構成比
①病院のポスター 1,077 20.4%
②病院のホームページ 711 13.5%
③自治体広報 1,209 22.9%
④情報誌 428 8.1%
⑤家族・友人 672 12.7%
⑥職場 250 4.7%
⑦その他 934 17.7%

5,281

 

その他の一例:

  • 病院からのDM
  • 病院への予約時
  • 地域情報誌
  • 新聞
  • ラジオ・テレビ
  • 各自治体や病院のホームページやSNSなど
  • 駅前で配布されていたJMSのチラシ
  • 駅前でのティッシュ配りで知った
  • 以前にJMSで受診した事があるので知っていた
  • 駅の掲示板にJMSのポスターが掲示されていた
  • ピンクリボンのイベントで
  • 主婦の会の連絡、町内会の回覧板

 

5.今回受診された理由(複数回答可)

手段 人数 構成比
①日曜日だから 2,527 37.6%
②無料クーポン受給 527 7.8%
③不安があるので 1,267 18.8%
④市民検診 683 10.2%
⑤家族のすすめ 500 7.4%
⑥友人、職場のすすめ 381 5.7%
⑦JMSを知って 383 5.7%
⑧その他 455

6.8%

6,723  

6.受診頻度について

頻度 人数 構成比
①初めて 1,226

23.2%

②毎年 1,554 29.5%
③2年に一度 995 18.8%
④数年前 1,191 22.5%
⑤その他 181 3.4%
⑥無回答 139 2.6%
5,286  

7.受診者さまよりの声(一例)

ご意見・ご感想等

  • 以前より短時間で、待ち時間がなくて助かります。
  • 受付時40才以上でもエコーの案内をして欲しかった。
  • 小さい子供がいるので平日は受診しにくいため、日曜日に検診を行っていただけるのはありがたいです。
    検診も受付から受診まで短時間で終わったので良かったです。
  • 自分から進んでがん検診を受けに行くのは勇気がいるので、このような機会があると受診しやすく、とても良いと思います。
  • 来年は日曜日、娘も受診させます(今年はうっかり自分だけ申し込んでしまいました)
    できれば日曜日の回数を増やしてもらえると都合がつけやすい。
  • 日曜日の予約なので、他に患者さんがたくさんではないので良かった。
  • 大変かとは思いますが、日曜日に実施していただけるのはありがたいです。 ありがとうございます。
  • JMSの活動をもっとひろめてほしい。そして新聞などで読んでいるときにもしも私が乳がんだったらと思ってJMSを知りました。
  • はさむ時間の痛みがなかなかだった。
  • 土・日・祝にあると又利用したいと思います。
  • 日曜日受診もあり、驚きました。 時間予約が出来るので嬉しいです。

ご要望等

  • 今後、日曜受診の「子宮がん」の方もして頂きたいです。出来れば「日曜受診」に「無料クーポン受給」にして頂きたいです。
  • 日曜日という事も嬉しいです。年一回ではなく二回程、日程を設けて欲しい。
  • 日曜日の受診日が少なく、予約をとるのが大変だった為日曜日検診の日をもっと増やして欲しい。
  • 受診促進の為、検査料が安くなるといい。
  • エコー検査もしてほしい。
  • 日曜日に受診出来る所を増やして欲しい。
  • 子宮がん、卵巣がんの検診もこのような形で行ってくださると嬉しいです。
  • マンモグラフィー検査をうけられる病院を増やして欲しい。有料でもいいので超音波検査も一緒にして欲しい。


 

J.M.S賛同医療機関アンケート集計結果

1)JMS実施日:2016年10月16日(日)

2)JMS実施施設数:394施設

3)アンケート回収施設数:258施設  ※未回収施設136施設(2016年12月31日現在)

1.2016年度 J.M.Sに参加して

頻度 施設数 構成比
①良かった 232 89.9%
②良くなかった 0

0.0%

③どちらでもない 17 6.6%
④無回答 9 3.5%
258  

「どちらでも無い」と答えた理由

  • 希望者はいるので受け入れできるのは良いが実際に受診される人数とコストを考えると微妙
  • JMS自体の取り組みには賛同するが、年々受診者が減少している。
  • 希望者がいなかった、受診数が少なかった
  • 広報の開始が遅かった事もあるが、実際の受診者数が予約定員に達せず、経営的な面では厳しい。
  • 受診された方は喜んでいただけたが、費用対効果が少ない
  • 毎週日曜日通常営業しているので

 

2.今回の結果について

1)受診者数 ※回答258施設の合計

2014受診者数 2015受診者数 2016受診者数

5,028

回答255施設の合計

6,952

回答256施設の合計

6,368

回答258施設の合計

2)検査種別内訳

種別 受診者数 構成比
①自主検診 2,699 43.1%
②市民検診 2,626 41.9%
③無料クーポン使用 463 7.4%
④企業検診 58 0.9%
⑤その他 417 6.7%
6,263  

3.貴エリアにおけるマスコミの報道について教えてください。

媒体名 施設数 構成比
新聞 46

41.1%

地域広報誌 23 20.5%
テレビ 13 11.6%
情報誌 13 11.6%
ラジオ 8 7.1%
その他 9 8.0%
112  

4.貴機関独自の広報活動について教えてください.

媒体名 施設数 構成比
院内での広報 174

38.6%

各情報媒体への掲載 114 25.3%
街頭・近隣施設での広報 66 14.6%
インターネットでの広報 69

15.3%

DM・ポスティング 28 6.2%
その他 0 0.6%

451

 

4-1)独自の広報活動内容(ポスターの掲示場所)

分類 内容
病院関連施設 ロビー・待合 外来掲示板 施設前 玄関ホール エレベーター 送迎バス待合 調剤薬局

レントゲン室

公共施設 市町村役所 文化センター 公民館 保健センター 保育園 近隣大学 交通機関ターミナル 図書館
一般施設 スポーツ会場 商業施設 飲食店 金融機関 クリニック・ドラッグストア 町内会掲示板 駅周辺 イベント・催物

4-1)独自の広報活動内容(活動媒体)

内容
地域情報誌 街頭活動にてティッシュ配布

病院ホームページ

DM(過去の受診者など) FacebookなどのSNS 地域回覧板
電子メール配信 病院施設のライトアップ 各施設の掲示板
病院の市民講座 町の有線放送 スポーツ大会へのブース出展
ピンクリボンイベント 街角健康チェック時に告知  

6.来年度の参加について

項目 施設数 構成比
①参加する 211

81.8%

②参加しない 0 0.0%
③今のところ不明 41 15.9%
④無回答 6 2.3%
258  

7.賛同医療機関様からの声(一例)

ご意見ご感想等

  • 「10月頃の第3週だけでなく年に数回マンモグラフィーサンデーの日を作るのはどうでしょうか。 (患者様の声で最も多く頂いた意見です)
  • ポスターなどの用意をしていただいたのがとても助かりました。
  • 初めての企画で大変不安でしたが、ポスターやアンケートを送っていただきとても助かりました。病院のPRにもなったと思います。終了後に「またやらないの」というお声をいただき、臨時開催を検討します。
  • 一般の乳腺外来に比べて受診年齢が若い印象です。芸能界のマスコミ情報もあっての現象と考えられます。乳がんの認知度は明らかに上昇中。
  • 参加されている施設で、どのようにJMSを開催されているか(会場風景等)知りたい。できそうであれば取り入れプログラムをより良いものにしたい。
  • 利用者の背景、ニーズにあった企画であると改めて感じました。地域社会全体でがんに取り組むために病院としてできること、やらなければならないことを再確認することができました。
  • まだJMSを知らない人も多く、受診者の方から年1回は少ない気もする。という意見がありました。 働く女性も多い中休みをとりにくいという人もいたのでJMSのような機会をもう少し増やせていければと思いました。
  • 日曜にしか来れない方、家族と共に来られた方に検診を受けてもらえて良かった。 今年は乳がんにたいする関心が高く、早く定員に達しました。
  • 次年度は乳がん検診(マンモグラフィー+視触診)だけではなく、人間ドッグ等との組み合わせも検討していきたいとかんがえています。
  • まだまだ認知度が無いようです。 マンモグラフィーよりエコー希望の方が増加しています。

 

ご提案ご要望

  • 他業職(業種)は特にマンモサンデーを周知されているところが少ない様に思います。 やはりもう一度全国的なPRが必要なのではと思います。
  • JMS?ピンクリボン?とピンとこない方もいて、まだまだ知られていないと思ったので広報活動をさらにして欲しいと思いました。 10月以外でも実施できるようなアプローチがあるといいなと思いました。
  • J.POSHで、もっと積極的に広報活動をして欲しい
  • インターネットアンケート化をするのはいかかでしょうか?
  • 日曜日検診が年2回あると受診者にとってはいいのでは。今年は子宮頸がん検診を同時に実施した。受診者が予約時間より早く来られ対応に戸惑った。来年は予約の入れ方を改善しなければと思いました。子育て中のお母さんが年々増えてきた。キッズルームも好評で続けて行きたいと思います。
  • 参加者(当院では15名程度)への景品となるような無料グッズがあれば提供して欲しい(ポケットティッシュ以外で)
  • 例年JMSの認知度の上昇傾向がなく、今年は昨年より若い方の受診者が増えましたが、知らない人がまだまだ多くいるようです。ホームページ以外のでも宣伝広告があると仕事をしている方でも受診しやすく、全体的に受診率が上がるのではないかと思います。
  • 当日、JMSの実施がわかるような”のぼり”があればよい。
  • 受診者を増やす活動を続けて下さい。
  • マンモサンデーを「日曜日に受けられる」というメリットの他に何かもうひとつメリットがあれば、受診数があがると思う。

 

私たちはJ.M.Sを応援しています(協賛サポーター)

J.POSH公式Facebookページ

J.M.S体験者 受診者・検診従事者の声

J.M.S2013実施日 アンケート結果

広報・配布用素材ダウンロード